文字の大きさ
  • Youtube

  • 公式twitter

  • 公式facebook

ワールドキャンサーデー2021点灯式はこちら
点灯式全体の映像は、下にスクロールいただきゲスト写真の下の画面からご覧いただけます。
がんという病に立ち向かうために、わたしたちは組織として個人として、
どんなことができるのでしょうか?わたしたちは信じます。
ひとりひとりの力で世界はきっと変わる。
ワールドキャンサーデーは、世界中で人々ががんのために一緒にできることを考え
約束を取り交わし、行動を起こす日です。

誰ひとり取り残さないがん医療
ワールドキャンサーデー・セッション


みなさまからのご要望により、
2月10日までとしておりました配信期間を延長させていただきます。
(オンデマンドでご覧いただけます。)

UICC日本委員会の加盟組織と共に企画したこのワールドキャンサーデー・セッションでは、がんを取り巻くさまざまな社会課題について、それぞれがその役割を通じてがんとどう向き合うかを語り合い、未来を切り拓く決意を新たにいたします。誰一人取り残されないがん医療のために、今回視聴された方々が知見を共有し、未来に向かって前に進むためのセッションです。


グローバルリーダーズメッセージ

UICC日本委員会では、UICC-ARO(UICCアジア支局)の活動として、アジア地域のがん医療におけるUHC(ユニバ―サル・ヘルス・カバレッジ)の実現にむけた政策提言活動をおこなってきました。「誰ひとり取り残さないがん医療」へのグローバルリーダーたちのメッセージです。

LIGHT UP THE WORLD
UICCワールドキャンサーデー2021
I AM AND I WILL
- 未来にひかりをつなぐ -


2021年2月4日[木]
17時30分~18時20分

ゲストのご紹介

  • 坂本龍一音楽家
    Photo by zakkubalan ©2020 Kab Inc
  • 吉永小百合映画俳優

点灯式は、みなさまのご協力により無事終了いたしました。
ありがとうございました。
点灯式の様子は、下記からご覧いただけます。


開催日時 2021年2月4日(木) 17:30~18:20
ゲスト 吉永小百合(映画俳優)
坂本龍一(音楽家)
UICC日本委員会 野田哲生(UICC日本委員会委員長・がん研究会がん研究所所長)
中釜斉(UICC日本委員会幹事・国立がん研究センター理事長)
河原ノリエ(UICC日本委員会広報委員長・東京大学特任講師)
プログラム イルミネーション点灯、トークセッション、フォトセッション
  • 17:50~:オープニング・ゲスト挨拶
  • 18:00~:ライトアップ点灯・ゲストによるライトアップコメント
  • 18:05~:ライトアップ会場コメント(コメントは事前収録したものを放映いたします)
  • 18:10~:ゲストトーク(坂本龍一さんビデオメッセージ/吉永小百合さんトーク)
  • 18:30~:UICC日本委員会コメント
  • 18:35~:クロージング
主催 UICC日本委員会  
特別協力 東映株式会社

※坂本龍一さんはビデオメッセージでの出演のみとなります。  
※点灯式開催については、新型コロナウイルス感染状況により予定を変更させていただく可能性がございますこと、予めご了承ください。変更の際は改めてお知らせいたします。

ライトアップ開催地マップ
  • 【1】松江赤十字病院 / さんいん中央テレビ鉄塔【島根】
    協力:日本乳癌学会
  • 【2】世界遺産相倉合掌造り集落【富山】
    協力:アジアがんフォーラム、がん研究振興財団
  • 【3】新潟日報メディアシップビル【新潟】
    協力:新潟県立がんセンター
  • 【4】さっぽろテレビ塔【北海道】
    協力:東札幌病院、ピンクリボン in SAPPORO
  • 【5】仙台スカイキャンドル【宮城】
    協力:宮城県立がんセンター
  • 【6】東京ビッグサイト【東京】
    協力:がん研究会
  • 【7】フジテレビ【東京】
    協力:がん研究会
  • 【8】がん研究会【東京】
    協力:がん研究会
  • 【9】日本対がん協会ビル内【東京】
    協力:日本対がん協会
  • 【10】大船観音【神奈川】
    協力:ピンクリボンかながわ、大船観音寺
  • 【11】名古屋テレビ塔【愛知】
    協力:愛知県がんセンター
  • 【12】マーサ21【岐阜】
    協力:日本癌治療学会、岐阜大学
  • 【13】京都タワー【京都】
    協力:医療法人財団足立病院
  • 【14】三重大学医学部付属病院【三重】
    協力:三重大学
  • 【15】博多ポートタワー【福岡】
    協力:九州がんセンター
  • 【16】万博記念公園太陽の塔【大阪】
    協力:大阪国際がんセンター、日本癌治療学会

ワールドキャンサーデー:SNS

  • Youtube

  • 公式twitter

  • 公式facebook

2021年
ワールドキャンサーデーにあたって

2020年は新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威をふるいました。がん医療は世界中で未曽有の事態に直面し、いまも多くの方々が、苦難のなかにおられると思います。感染症が人と人の繋がりを分断し、ソーシャルディスタンスという距離を私たちに強いている中、今年も2021年のワールドキャンサーデーを迎えることとなりました。
ワールドキャンサーデーは、2000年2月4日、パリで開催された「がんサミット」から始まったUICCの取り組みです。今年は2019年から3年間続いているキャンペーン「I AM AND I WILL」(私は今、そしてこれから私は)の最終年度にあたります。
人は誰でも社会のなかで役割をもって生きている。各々が各々の役割をもって、がんという病に立ち向かう力をもっている。この未曽有の事態に、私たちはあらためて、各々が自分自身の「これまでとこれからに」ついて深く考えることとなったのではないでしょうか。

UICC日本委員会では、2021年2月4日(木)のワールドキャンサーデーにオンラインで日本と世界をつなぐ「Light Up the World」を通じて日本各地を光でつなぐ瞬間を分かち合い、この苦難の中でがんに立ち向かう想いをひとつにしたいと思います。併せて、ワーキンググループセッション「I AM AND I WILL 誰ひとり取り残さないがん医療をめざして 」をオンラインにて開催いたします。今このときこそ、I AM AND I WILLの決意を分かち合うにふさわしい時であると考えます。

UICC日本委員会では昨年夏より各加盟組織とともに準備をはじめ、10月の広島の日本癌学会のブース展示にてその概要を公表いたしました。その後、各組織から集って頂いた方々とともにワーキンググループセッションを企画し、ワールドキャンサーデーという記念すべき日に、がんをとりまく様々な課題について語り合い、各々が、自分の役割を通じて、このがんという病にどう向き合うかを語り合い、未来を切り拓く決意を新たにする機会としたいとおもいます。

UICC日本委員会委員長 野田 哲生

厚生労働大臣 田村 憲久
がんを知り、がんの克服を目指す社会をつくります。

UICC日本委員会委員長 野田 哲生
世界と日本のがん対策をつなぎます。

Norihisa Tamura(R)
I am the Minister of Health, Labor and Welfare. And I will create a society in which we strive to learn about cancer and overcome it.

Tetsuo Noda(L)
I am the Chairman of the Japan National Committee for UICC. And I will connect the cancer control measures of Japan and the world.


UICC日本委員会メンバー組織

(五十音順)

  • 愛知県がんセンター
  • アジアがんフォーラム
  • 大阪国際がんセンター
  • 神奈川県立がんセンター
  • がん・感染症センター都立駒込病院
  • がん研究会
  • がん研究振興財団
  • がん集学的治療研究財団
  • 九州がんセンター
  • 国立がん研究センター
  • 埼玉県立がんセンター
  • 佐々木研究所
  • 札幌がんセミナー
  • 静岡県立静岡がんセンター
  • 高松宮妃癌研究基金
  • 千葉県がんセンター
  • 東京慈恵会医科大学
  • 栃木県がんセンター
  • 新潟県立がんセンター新潟病院
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本対がん協会
  • 日本乳癌学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 東札幌病院
  • 北海道対がん協会
  • 三重大学医学部付属病院
  • 宮城県がんセンター

UICC日本委員会賛助会員

(五十音順)

  • 協和キリン株式会社
  • 日本放射線腫瘍学会

SNSボードのダウンロード

写真で使われているSNSボードがダウンロードできます。
サイズ:300mm*350mm
形式:PDFファイル


UICCでは3年間の「IAM and IWILL わたしはいまそしてこれからわたしは」というそれぞれのがんに立ち向かう想いを伝えあうキャンペーンが続けられています。
ひとはみなそれぞれにがんにたち向かう力をもっています。 UICCは皆さんのがんに立ち向かう想いを繋げていくお手伝いをしていきたいとおもいます。お声をお寄せください。
wcdjapan@worldcancerday.jp

UICC日本委員会広報委員長 河原ノリエ

I AM AND I WILL

2019年から3年間のキャンペーンがはじまっています。テーマは「I AM AND I WIILL」(私は今、そしてこれから私は)。一人ひとりががん撲滅に積極的に関わり、行動を起こし、未来に影響を与える力を持つことを表しています。

UICC会長ディナ・ミルアド(ヨルダン・ハシェミット王国王女)と共に決意を表明しました。

野田哲生UICC日本委員会委員長/がん研究会がん研究所所長

北川知行UICC日本委員会名誉会員/がん研究会名誉研究所長

垣添忠生UICC日本委員会幹事/日本対がん協会会長

淺村尚生UICC日本委員会(TNM)/慶應大学教授

中川原章UICC日本委員会(小児がん)/佐賀国際重粒子線がん治療財団

望月友美子UICC日本委員会(喫煙対策)/日本対がん協会参事

河原ノリエUICC日本委員会(広報)/東京大学特任講師

浜島信之UICC日本委員会(予防・疫学)/名古屋大学教授

根本匠厚生労働大臣

中山讓治JPMA-CEO/第一三共株式会社CEO

手代木功塩野義製薬株式会社代表取締役社長

戸田隆夫JICA(国際協力機構)上級審議役

武見敬三参議院議員

中釜斉UICC日本委員会幹事/国立がん研究センター理事長

西村康稔衆議院議員

安川健司アステラス製薬株式会社代表取締役社長CEO

Action-1
ワールドキャンサーデー 世界とつながろうSNSキャンペーン

ワールドキャンサーデーでは、公式ハッシュタグをつくりました。

メッセージキャンペーンにご参加いただくことで、自分自身のメッセージを世界中の人へ発信ができ、つながることができます。皆さまのメッセージ1つ1つが、がんの影響を減らすための行動、ワールドキャンサーデーの活動サポートにつながるのです。是非あなたの「I AM AND I WILL(いま私は そして これから私は)」メッセージをSNSにて発信してください。

公式ハッシュタグをタグ付し、メッセージを発信、ワールドキャンサーデーを一緒に盛り上げてください。ソーシャルウォールに反映されます。

公式ハッシュタグ

#WorldCancerDay


#IAmAndIWill

ソーシャルウォールイメージ
  1. メッセージを入力、または手書きのメッセージを写真や動画で撮る
  2. ハッシュタグをつけて、写真や動画を投稿する

※公式ハッシュタグをつけて投稿いただいたメッセージは、World Cancer Dayサイト内、https://www.worldcancerday.org/のSocial Wall(ソーシャルウォール)に自動的に掲載される予定でおりますこと、予めご了承ください。

※facebookは、プロフィール用の写真に「ワールドキャンサーデー」オリジナルのフレームを追加することが可能です。是非お試しください!

  1. https://www.facebook.com/profilepicframesに移動。
  2. 使用するフレームを、メニューから選択する。もしくは「World Cancer Day2019」を検索して見つける。
  3. [プロフィール写真に設定]をクリックして保存。

オリジナルメッセージポスターを作ろう!

World Cance Dayサイトにて、自分だけのオリジナルポスターを作ることができます。
あなたのメッセージを載せたオリジナルポスターを作って、是非ご自身のSNSにて発信してください。

  1. https://www.worldcancerday.org/custom-posterに移動(英語サイト)
    ※Google Chromeでご覧になれば、日本語翻訳機能で日本語で作り方の確認ができます。
  2. 【レイアウト】にて、自分が作りたいポスターまたはソーシャルポストのレイアウトを選択
  3. 【カスタマイズ】にて、既存のメッセージ(レディメイド※選択式)を使用、またはご自身で発信したいメッセージ(カスタム)を入力。
    ※メッセージは英語の対応となります。英語で入力ください。
    ご自身でお持ちのロゴや画像も一緒にアップロードできます。
  4. 【シェア】にて、作成した画像をJPGまたはPDFへダウンロードしてください。
    作成した画像をご活用いただけます。

TOPICS

2019年のワールドキャンサーデーについて
詳細を見る【PDF】

[特別インタビュー]ディナ・ミルアド・ヨルダン・ハシュミット王国 王女が語る
がんとの闘いに国境はない ー私たちがいま、できることー
詳細を見る【PDF】

2018年のワールドキャンサーデーについて
詳細を見る【PDF】

UICCについて

UICC(Union for Internal Cancer Control)は、1933年に設立された世界的な広がりを持つ民間の対がん組織連合です。ジュネーブに本部を置く世界最大の対がんコミュニティで、現在は世界の172カ国から1200団体が参加しています。国連経済社会理事会(ECOSOC)の諮問機関であり、世界保健機関(WHO)、国際がん研究機関(IARC)、国際原子力機関(IAEA)、国連薬物犯罪事務所(UNODOC)と公的な関係を結んでいます。
ライトアップイベント「LIGHTUP THE WORLD」をカレッタ汐留の協力でイルミネーションをUICCカラーである「ブルー」と「オレンジ」にライトアップし、思いをひとつにし、日本が「がん」に立ち向かう決意を世界に発信してゆきます。
結成以来、研究者・医療従事者等の専門家による科学とエビデンスを中核としながら、様々な団体が連帯して世界的ながんの負担の低減と不平等の解消、がん対策が世界的に優先的な課題となるよう支援することをミッションとしています。
ワールドキャンサーデーのほか、世界がん会議や世界がんリーダーズサミットを開催し、草の根から国際レベルまで、すべてのレベルでがん制圧のためのアクションをリードしています。
URL:https://www.uicc.org/ (英語)


UICC日本委員会とは

URL https://www.jfcr.or.jp/UICC/

UICCに加盟している日本の組織が集結し、世界対がん宣言の実現のためにUICCを支援・連携して活動する日本の独立組織です。「誰ひとり取り残さないがん医療」という、SDGsのゴール3でもあるユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)のがん領域での実現を掲げ、研究者や臨床家など専門家を中心に、幅広いステイクホルダーと協働しながら科学的根拠に基づいたがん征圧のためのアクションを行っています。
1960年代に結成され、当時世界最大級の国際会議であった第9回世界がん会議の東京開催を成功に導いて以降、わが国のがん研究と研究体制の発展の原動力となってまいりました。事務局を(公財)がん研究会に置き、日本の主要ながん専門学会、がんセンター、研究所、研究基金、病院、対がん協会など29団体が参加しています。 

第9回世界がん会議の様子

© Produced by Tokyo Cinema Co., Inc.